岡山県倉敷市、水島駅、栄駅周辺で歯科医院をお探しなら「おおやま歯科」

記事詳細

20.09/14☆顎関節症⑦☆

根気よく続けよう!筋肉マッサージと開口ストレッチ

筋肉の緊張をやわらげるマッサージと、口を開くリハビリのためのストレッチ。どちらもお風呂ですると効果的ですよ。

 

治療により『痛みが完全になくなる』『口が以前と変わりなく開く』ようになれば理想的ですが

傷ついた顎関節の組織は元に戻りはしないため、難しいことが多いです。

ですから、『痛みをやわらげること』と、日常生活で不便のない範囲で『口を開けやすくすること』が治療の目標になります。

それには、顎関節症と気長に付き合っていく意識が大切です。